最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

膝関節センター

鏡視下前十字靱帯(ACL)再建術(入院~手術~退院の流れ)

手術前日
(または当日)
入院。オリエンテーション。
術前リハビリが実施されます。(筋力測定、松葉杖歩行練習など)
手術当日
全身麻酔または下半身麻酔にて約2時間の手術です。
麻酔からさめたら車イスに乗ってトイレに行くことも可能です。
アイシングシステムで手術した部位のクーリングを徹底し、患部の腫れを最小限にします。
術後1日
リハビリが開始されます。
(膝簡易サポーターをつけて歩行訓練、筋力訓練など)
ベット上でも、器械(CPM)による膝関節の屈伸運動が開始されます。
術後2日~
リハビリが継続されます。
術後3日~
シャワーが可能です。
術後7日~10日
手術のキズのシールがとれて入浴も可能となります。
抜糸は基本的にありません。
膝の痛みが我慢できる範囲で、歩行が安定し、膝の炎症が軽度であれば退院が許可されます。手術時の膝関節内の写真をプレゼント。