最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

スポーツ整形

スポーツを愛するアスリートの皆様へ

スポーツはやって楽しく、観て楽しく、時に心を震わせる感動を味わうことができ、本当に素晴らしいものです。 しかし、そんなスポーツにも負の面があります。
ハードに行えば行うほど、心も体もキズつきやすいのです。 多くのアスリートがスポーツによってキズつき悩んでいるのも事実です。
われわれはキズついたアスリートを再びスポーツフィールドに笑顔で戻れるように最善を尽くしてサポート致します。

院内のリハビリテーションとメディカルフィットネス「ラ・ヴィータ」におけるアスレティックリハビリテーションの実施は、プロスポーツレベルの選手にもご満足をいただいており、東北地方だけでなく、関東圏からも多数のアスリートを迎え入れております。

アスリートだからわかるアスリートの気持ち

ドクター大沼
(財)日本体育協会公認スポーツドクター、モンテディオ山形チームドクター、JATI上級トレーニング指導者
大沼 寧

私は、神奈川県、山形県の両県で、サッカーの県代表としてプレイしました。 その間に、腰椎疲労骨折、膝の靭帯損傷、免疫不全による顔面神経麻痺と散々な目に遭いましたが、それでもスポーツの魅力(魔力)によってスポーツを続けてきました。

ケガしたアスリートが、一日も早く、無理をしてでも復帰したいという差し迫った気持ちは痛いほどよくわかります。 整形外科医としてのスタンスとアスリートとしてのスタンスの両面から、皆さんのスポーツ復帰をサポートします。

スポーツ整形で治療を行っている代表的な疾患

スポーツ外傷

前十字靭帯損傷半月板損傷膝蓋骨脱臼膝靭帯損傷など ⇒ 膝関節センター
足関節捻挫、肉ばなれ など ⇒ スポーツ外傷とは?

◆ 参考

スポーツ障害

膝の障害(タナ障害、分裂膝蓋骨、膝蓋靭帯炎など) ⇒ 膝関節センター
シンスプリント、腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア、疲労骨折、腱炎・腱付着部炎(テニスエルボー、足底腱膜炎など) 野球肘、投球障害肩 など ⇒ スポーツ障害とは?

◆ 参考