最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

膝関節センター

膝前十字靭帯(ACL)損傷の患者様へ

はじめに

膝前十字靭帯は膝の安定性を保つ上で、重要な機能を果たしています。この靭帯を損傷すると膝の不安定性のためにスポーツ動作や日常生活に何らかの制限が生じます。この不安定性を改善するには、多くの場合、手術が必要となり、スポーツ復帰には数ヶ月を要することから、スポーツ選手にとっては不幸なケガの一つと言えます。 しかし、この不幸なケガを受け止め、そして乗り越えて、再び活躍しているトッププレーヤーも数多くいます。 ぜひ、あなたもこのケガを克服し、より強くなってスポーツフィールドに復帰してください。われわれがサポート致します。

前十字靭帯(ACL:Anterior Cruciate Ligament)とは?

膝の4本の靭帯の一つで、膝の前後や回旋の安定性に重要な役割を果たしています。

ACL損傷とは?

スポーツ中のターンやジャンプの着地などの動作時に膝をガクっと捻って生じる非接触型の損傷と タックルなど予期しない外力で膝を捻って生じる接触型損傷があります。ACL損傷は男性よりも女性が数倍の率で受傷し、 その7割以上が他人と接触のない、いわゆる“自爆”で損傷します。
受傷後の痛みや膝の腫れ具合には個人差があります。膝の中に血が溜まり、注射器で抜くこともあります。

ほとんどのケースで、痛みは数日で軽減し、数週でジョギング程度のスポーツに復帰できるため、専門医を受診しないと 膝の捻挫として見逃されるケースも稀ではありません。
この靭帯は損傷すると、ほとんどのケースで靭帯はゆるんだまま回復せず、膝の不安定性が残存します。

この不安定性を自覚しつつ、軽いスポーツであれば無理なく復帰できるケースもありますが、サッカー、バスケ、バレー、 ハンドボールなど、ターンやジャンプ動作の多いスポーツであれば、そのままでは受傷前のレベルに復帰することはきわめて困難であるといえます。不用意な動作によって、膝がガクっと抜ける膝くずれを起こし、膝関節内の半月板や軟骨をさらに損傷してしまう危険性もあります。

診断法は?

当院の専門医により、ほとんどのケースが触診により診断が可能です。MRI検査は、ACL損傷の確認と半月板損傷や内側側副靭帯損傷などの合併損傷の検索のために、補助診断として用います。
このため、当院においては、特殊なケースを除き、診断のための関節鏡検査は施行しておりません。

治療法は?

受傷後から膝に負担をかけずに過ごしたケースで、稀に膝の不安定性が改善するケースがあります。
しかし、これは例外で、ほとんどの場合、程度の差はありますが、不安定性が残存します。
不安定性を放置すると、膝くずれを繰り返し、膝関節内の軟骨損傷や半月板損傷が生じ、若年であっても変形性膝関節症に移行する危険性がありますので、多くの場合、手術療法が必要となります。特に、激しいスポーツを行う場合は、テーピングやサポーターで十分な安定性は得られず、高率で膝くずれが生じるため、手術治療を受けられることをお薦め致します。

スポーツをしない人や軽いスポーツを楽しむ程度の人であれば、膝くずれを起こすことなく過ごすことも可能です。しかし、日常生活でも不安定性を強く感じる場合は、行動が制限され支障が大きくなりますので、やはり手術治療を受けられることをお薦め致します。高齢であるからといって手術を断念されている方もいらっしゃいます。当院では年齢制限は設けず50~60歳台の患者様にも手術を実施し良好な成績を得ております。

手術法は?

手術の時期
受傷3~4週後に膝の伸展・屈曲が正常に近くなった時点で手術を施行します。(受傷早期の膝可動域制限が残存している時期に手術を施行すると、術後に、著しい可動域制限が生じる危険性があるためです。)

具体的な方法
損傷したACLは縫合しても元の機能を獲得できないことから、靭帯を作り直す手術(靭帯再建術)を行います。
採取しても影響が少ない組織を用いて、ACLを再建します。採取部位により、数種類の方法がありますが、当院では、患者さんの状況に応じて、手術法を選択しております。膝屈筋腱を用いた関節鏡視下解剖学的再建術(2ルート法)を標準方法として採用しております。手術は腰椎麻酔または全身麻酔で施行し、約2時間の手術です。 手術の傷は、通常、6mm程度の傷が2ヵ所、2~3cm程度の傷が1ヵ所です。(半月板縫合を行う時は、さらに2~3cm程度の傷が追加されます) 手術に先立ち、関節鏡で関節内を十分に調べ、靭帯損傷の程度、半月板や軟骨の損傷を確認します。
合併する半月板損傷に対しては、状態に合わせて部分切除または縫合術を施行します。
再建に使用する組織を採取し、関節鏡視下に前十字靭帯部分に移植、再建します。膝の不安定性が改善されたことを確認後、関節内を十分に洗浄して手術を終了します。

術後経過

手術当日:手術直後からアイシングシステムで膝を冷却し続けます。手術当日は膝が痛みますが、痛め止めにより我慢できる範囲にコントロール可能です。手術翌日からリハビリが開始されます。

アスレティックリハビリテーション:下記に標準的なスケジュールを記載します。ただし、アスレティックリハビリテーションの進行具合には個人差があるので、自分のペースで無理なくメニューをこなしてください。無理は禁物です。

術直後~術後数日:松葉杖を使用して歩行が可能となります。膝は簡易なサポーターで固定します。膝の可動域が改善し、歩行が安定すれば退院が許可されます(術後7日~10日ごろ)。

術後2週~:松葉杖なく歩行を許可します。可動域制限付きのサポーターを使用

術後2ヶ月ごろ~:ジョギング開始。

術後4ヶ月ごろ~:筋力が十分に回復し、膝の感触が正常化した上で、スポーツに段階的に復帰します。

術後5ヶ月~8ヶ月:元のスポーツに完全復帰。

術後のリハビリテーションのポイントは?

  • 膝の可動域を正常化すること。ヒールスライドなどで可動域訓練を行います。
  • 筋力を正常化すること。大腿四頭筋、ハムストリングス、股関周囲筋などを鍛えます。(大腿四頭筋訓練ではレッグエクステンションなどの足を浮かしたトレーニングはACLに負担が大きくかかるため、ACLへの負担が少ないスクワット、ラウンジなどの足を床につけたトレーニングから開始します)
  • 膝の感触を正常化すること。危険性が少ないステップ動作、バランス訓練などで、膝の深部感覚の回復を図ります。
  • 手術部位以外の部分の機能を維持、向上させること。上半身や体幹の筋力トレーニング、自転車などを用いた有酸素系トレーニングなどを実施します。

再建した靭帯は術後1年を経過しても、正常のACLの強度と比較すると、劣っているというデータがあります。
特に術後早期の3ヶ月以内は、再建靭帯の強度は弱く、強く捻ってしまうと再びゆるんでしまう可能性が高いと言われています。また術後2~3ヶ月以内は、膝の屈伸のトレーニングを過度に施行すると、膝が腫れることがあります。
早期復帰を望むことから、過度なリハビリを早期から施行すると、危険なばかりでなく、回復が遅れることもありますので、医師および理学療法士の指示の元に、トレーニングメニューをこなしてください。