最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

後期研修医募集

山形徳洲会病院整形外科において後期研修医を募集しております。

はじめに

大沼医師

副院長・整形外科部長の大沼 寧です。
整形外科では全身の運動器(骨、関節、靭帯、筋肉、神経など)の疾患を扱いますので、診察、診断、治療は多岐に及んでおり、研修することは山ほどあります。確実な知識や手技を身につけるまでは大変ですが、範囲が広い分、興味深く研修することができますし、その中で自分に合った専門分野を見つけ出す楽しみもあります。高齢化社会を迎えること、スポーツ人口が増加していること、などから整形外科の需要は伸びる一方です。研修医の皆さんが当院で整形外科医の基礎を身につけ、大きく羽ばたいていくことを心から望んでいます。

研修プログラムの特徴

一人前の整形外科医になるためには、複数の特徴ある病院で研修することが望ましいと考えております。実際のローテーションについては、研修医の希望に沿って実施致します。

実施例 (後期研修4年)

後期研修 前半2年

  1. ~6ヶ月 山形徳洲会病院にて整形外科医としての基礎を身につけてもらいます。
    • 診察法、診断能力の向上、治療法の正しい選択(保存療法 / 手術療法)理学的所見の取り方、画像診断能力の向上、患者様とのコミュニケーション能力
    • 整形外科基本手技に精通すること
      骨折/脱臼整復術、シーネ/ギプス固定法、麻酔法 / 神経・腱鞘ブロック法
      専門性の低い手術に対しては積極的に術者として手術に望んでもらいます。
      (大腿骨頚部骨折に対する骨接合術、人工骨頭置換術、四肢長管骨骨折に対する骨接合術、バネ指手術、手根管解放術など)
    • スポーツ整形分野の知識を深める
      日本整形外科学会ほか2~3学会に参加( 6ヶ月の間に学会発表1回、論文発表1回を目標とする)
  2. 6ヶ月~2年 湘南鎌倉総合病院にて外傷一般の治療に習熟してもらいます。
    • 外傷症例が多い病院です。年間手術数が約1200例
      後期研修医の年間執刀手術数は約200例におよびます。

後期研修 後半2年

後期研修2年で整形外科一般の症例を診察~治療まで一人で行なえるようになっています。
ここからは自分の専門分野を見つけてエキスパートへの道を歩き出します。

山形徳洲会病院 関節外科、スポーツ整形のエキスパートへ
湘南鎌倉総合病院 外傷外科医のエキスパートへ
手の外科のエキスパートへ
湘南鎌倉人工関節センター 人工関節手術のエキスパートへ(海外留学の斡旋も可能です。)
HP http://1-23.jp/joint
脊椎外科、小児整形、腫瘍外科の研修を積みたい人へは関連施設を紹介します。

後期研修終了時点で、日本整形外科専門医の資格取得へ。

  • 日本体育協会認定スポーツドクターの資格取得準備
  • グループ内病院に残り指導医へ
  • グループ内病院に残り指導医へ

後期研修医募集資格

  • 初期臨床研修修了および修了見込みの者
  • 募集人員 2名
  • 応募受付期間:随時(4月研修開始を原則とすることから、通常3月上旬となります。)
  • 試験内容:面接(随時)
  • 見学・体験研修・申し込み:随時、山形徳洲会病院医局にて受付

電話:023-647-3434(代) 内線2005
FAX:023-647-3400
E-mail:ikyoku.yamagata@tokushukai.jp