最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

一般整形

ばね指

Q

ばね指とは?

A

手指をよく使う人に生じる指の腱鞘炎です。
親指、中指、薬指に生じることが多く、握る動作で痛みが生じ、手のひら側の指の付け根に圧痛を認めます。
症状が進行すると、「指を曲げにくい」「伸ばしづらい」「引っかかり感がある」などの症状のため日常生活での支障が大きくなります。

Q

どのような治療法がありますか?

A

強く握る動作を控えめにし、シップやクリームなどの消炎鎮痛剤の外用薬の使用により症状は軽減します。しかし、症状が進行すると改善が困難になります。 この場合は、腱鞘内へのステロイドホルモンの注射や手術治療を行ないます。
手術は局所麻酔で5~10分の簡易な手術で、症状は改善し、引っかかり感も消失します。症状が強く改善傾向がみられない場合には、いたずらに我慢せず手術を受けることをおすすめします。術後早期から指を使うことも可能です。