最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

一般整形

PRP療法とは

PRP療法は、ヒトに本来備わっている自然治癒システムを最大限に活用する治療法です。通常、出血したり傷を負ったりすると、血液中の成分である血小板が凝集し、細胞の増殖や分化調整機能などをもつサイトカイン(免疫システム細胞から分泌されるタンパク質で、複数の種類がある)が放出、組織の再生や傷の治癒を促します。
PRP療法は患者さんから採取した血液を専用の遠心分離機にかけ、血小板を抽出し通常よりも濃縮し、これを患部に用いることで大量のサイトカインが放出され、より高い治療効果を得ることができるため、治りにくいものや治るまでの時間を要する怪我や病気の治療に用いられます。
患者さん自身の血液から作成するため、体内に注入後も拒絶反応などリスクが低いのが特徴です。もともとは難治性の潰瘍や歯科関連の治療で行われてきましたが、最近は形成外科や美容など、さまざまな分野で実施されています。整形外科の領域ではスポーツ選手の肉離れや腱・靱帯の損傷が対象で、欧米では、かなり前から臨床応用されています。
メジャーリーガーの田中将大投手や大谷翔平選手が同療法を受け、注目されるようになりました。
当院でのPRP療法の対象は、腱や靭帯の損傷・炎症疾患です。具体的にはスポーツ選手であれば膝蓋腱、アキレス腱炎、テニス肘、膝内側側副靭帯損傷、肘内側側副靭帯損傷など。一般の方であれば肩関節周囲炎、肘関節周囲炎、膝関節周囲炎、足底腱膜炎など。
さらに、当院においては、変形性膝関節症などの関節炎に対して関節内に投与する次世代PRP療法"APS療法”が認可されましたので、変形性膝関節症に対する関節内投与用のPRP療法が開始されております。

いずれも難冶性の疾患で、通常の治療で思うように治らないものが対象となります。

PRP療法は治療効果には個人差があることから、医学的に明らかに有効というエビデンス(科学的根拠)レベルには達しておらず、まだ議論の余地がある治療法です。
そこで、当院においては、実施に先立ち、整形外科医がその適応に関して、診察の上で判断致します。その上で、適応ありと判断された患者様に対してのみ、後日、PRP療法を実施させていただきます。

PRP療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、自由診療(自費)で行われています。

初回、初診料と必要に応じてレントゲンなどの検査料が別途かかります。
※部位、撮影回数により、金額が異なります。

2回目以降注射費用と別に再診料が別途かかります。

GPSⅢシステム承認番号 22700BZX004200000

GPSⅢシステム

治療の流れ

①電話にて面談日(診察日)を予約

予約専用ダイヤル

月~金

14:00~16:30 TEL受付

023-609-5111

②面談(診察)を行う

PRP療法の適応につきドクターが判断します。

PRP療法実施日を予約。

実施に必要な血液検査等を行ないます。

③PRP療法実施当日

治療は日帰りで終わります。

患者さまの血液を約26mL~52mL取ります。

1.患者さまの血液を約26mL~55mL取ります。

血液を遠心分離機にかけ、PRPを作製します。

2.血液を遠心分離機にかけ、PRPを作製します。

PRPを患部に注射します。

3.PRPを患部に注射します。

※治療当日は飲酒や入浴をお控えください。

④治療結果判定

来院により症状の変化を評価(遠方であれば電話などによる再診)

適応疾患

スポーツ外傷・加齢などに伴う機能障害をきたし、標準的治療において改善が見られない疾患(変形性膝関節症、靱帯・腱の炎症、筋挫傷など)

例.

  • 変形性膝関節症
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • アキレス腱炎
  • 膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)
  • 靱帯損傷
  • 肉離れ
  • 足底腱膜炎
  • 肩関節周囲炎(腱板炎)
  • 野球肘(内側々副靭帯炎)
  • TFCC損傷