最新の医療と設備を駆使し、暖かみのある医療で地域の方々のお役に立てるように努力しております。

後期研修医募集

グループ間のローテーション研修の実施

湘南鎌倉整形外科グループでは後期研修医を募集しております。

症例が豊富な湘南鎌倉総合病院を中心に、日本初の人工関節手術の専門施設である湘南鎌倉人工関節センター、スポーツ整形に重点を置いた地域に密着した治療を行っている山形徳洲会病院の3施設で、整形外科一般の研修から専門性の高い研修までが可能となっています。当整形外科グループでは幅広い知識を持った臨床経験が豊富な整形外科医を育てるため、グループ間のローテーション研修により、多くの様々な症例を各々の専門医のもとに経験することができます。 また、手術治療の早期習熟を目指して、研修医の皆さんには指導医もとで術者として積極的に手術経験を積んでもらっています。さらに、他大学や他施設への研修を奨励し、当グループのワクを超えた研修を受けることも可能です。

意欲に満ちた研修医の皆さんが我々のグループに参加されることを歓迎致します。

湘南鎌倉総合病院 部長 西本邦弘

一般整形、外傷(1次~3次救急まで 救急搬送 年間8000件)、スポーツ整形、手の外科、足の外科、日帰り手術センター、体外衝撃波治療、ロボット手術、女性医師による女性専門外来

整形外科ベット数:40~50床 年間手術数 1200件

ホームページhttp://www.shonankamakura.or.jp/

後期研修医1名の昨年度の手術執刀件数:約250件

内容:骨折手術、人工骨頭置換術(股)、人工関節手術、膝関節鏡手術、手の外科手術など

湘南鎌倉病院人工関節センター

19床の人工関節専門施設。平成17年3月にオープン。人工関節手術が年間約300件。

センター長の平川和男医師は、MIS(最小侵襲手術)による人工股関節手術の日本の第一人者。日本国内に留まらず海外からの手術見学者もあり。平川医師の紹介で海外留学も斡旋。

ホームページhttp://www.1-23.jp/joint

山形徳洲会病院

平成16年9月にオープン。スポーツ整形外科に重点を置き、アスレチックリハビリテーション、中高齢者の運動療法、オーダーメイドのインソール・靴外来などが行われている。

部長の大沼寧医師は、地元のモンテディオ山形のチーフチームドクター。

ホームページhttp://www.yamatoku-hp.jp/medical/index.html